漏液検知

石油燃料を扱うほとんどの企業の第一の関心事は安全で、環境保護がそのすぐ後に続きます。両方の領域における規制の枠組みは、次第に厳しさを増しているため、事業が燃料の製造、移送、貯蔵、精製または消費に関わっている場合は、漏れの可能性を考慮する必要があります。

漏れの潜在的な原因が予想できる状況もあります。バルブピット、過充填の封じ込めまたは低地の汚水槽は、高速に作動する燃料プローブに理想的な場所です。予期しない場所に燃料が蓄積していることを迅速に知ることは、壊滅的な事故や経費のかかる除去を回避するための鍵になり得ます。

「低速」な漏れは「少量」の漏れと考える間違えを犯さないでください。検知システムの感度が鈍く、所定のしきい値より低い漏れや流量の特定の割合未満の漏れを検知できない場合、低速の漏れが大規模な流出につながる場合もあります。余りにも多数の漏れが、誰かが燃料の臭いに気づいたとき、または地上水/地下水が汚染された後で検知されています。

燃料油の漏れ検知システム

ペンテェアサーマルマネジメントは、漏れが見つけられる前に見つける燃料油の漏れ検知ソリューションを提供します。

TraceTek燃料油の漏れ検知システムには、次のような基本的部品があります。

Fuel-Leak-Detection-Commercial.jpg

  • 感知ケーブル – これらのケーブルは、地下または地上の「滲みや浸み出し」が蓄積して大規模な流出になる前に、早期検知します。また、場所が最も近くのメーターに報告されます。
  • プローブ – 水に浮かんでいる燃料または汚水槽またはバルブピットなどの低地またはポンプパッドの表面などの平らな面に溜まっている燃料を検知します。プローブは、燃料の薄い膜にも瞬時に反応し、リセットと再使用また必要に応じて「ウェットテスト」も可能です。
  • センサーインターフェイスモジュールおよびアラームパネル – センサーケーブルとプローブに通電し、状態をモニタし、漏れの検知の有無と場所をオペレータおよびその他のアラームおよび監視システムにレポートするように設計されています。

関連製品

Inspired Solutions for a Changing World