自動制御テクノロジー

レイケム自動制御電気ヒートトレースケーブルは、温度が変化すると自動的に出力を自己調整します。導体間の導電性ポリマーコアを電流が通ることで、熱が生成されます。温度が下がると、コアを通る電気路の数が増え、より多くの熱が生成されます。逆に温度が上がると、コアの電気パスが少なくなり、生成される熱が少なくなります。

レイケム XL-Trace とレイケム WinterGard の自動制御ヒートトレースケーブルには、次のような特徴があります。

Self regulating


高度制御システム

ペンテェアサーマルマネジメントは、凍結管凍結予防設備に次の 2 種類の先進制御システムと基本的なサーモスタットコントローラを提供しています。Raychem AMC-F5 コントローラは、レイケム WinterGard ケーブルに最適であり、Raychem C910 コントローラと Raychem ACCS-30 コントローラは、特にレイケム XL-Trace ケーブルと一緒に使用されるよう設計されています。


Raychem C910 の特徴は、次のとおりです。

Raychem ACCS-30 の特徴は、次のとおりです。

両コントローラでは、次の機能が提供されます。

注意:PASC では、リアルタイムの周囲温度に対してヒーティングケーブル設備の出力が制御され、従来の周囲温度制御設備よりも最大で 30% までエネルギーが節約されます。


Raychem AMC-F5 の特徴は、次のとおりです。