TraceTek 検知設備が水漏れを早期に警告
主な課題

大規模な博物館では、しばしば、その展示品のほんの一部のみが展示され、残りは保管されています。韓国国立博物館では、火事や窃盗から守るために 20 の地下室に保管されています。可能性のある最大の危険は、水の侵入で、保管場所にある 1500 年よりも前の貴重な財宝が破損される可能性があります。水は、配管システムから漏れるか、構造上の壁や基礎部分の湿潤によって入ってくる可能性があります。

解決策

博物館では、修理不可能な損傷が貴重なコンテンツに発生する前にオペレーターが是正措置をとれるよう、水漏れを早期に検知する設備が必要でした。

製品

ペンテェアサーマルマネジメントでは、TraceTek 水漏れ検知設備を設置しました。この設備の中心は TT1000 水検知ケーブルで、水の存在に迅速に反応し、アラームが送信されます。これは、警備室と中央制御室に駐在するビル管理スタッフにアラートを送信するセンサーインターフェイスモジュールとリモート制御パネルによってサポートされます。

利点

TraceTek 設備を使用すると、ビル管理スタッフは、注意を払う必要がある場所に水があるかどうかについて、20 の保管用地下室をそれぞれ個々に継続的に監視できます。漏れは迅速に検知でき、手遅れになる前に是正できます。