漏液検知

Water-Leak-Detection-Commercial.jpg

屋内配管の発明以来、建物の所有者は水による損傷を心配しています。地下室がじめじめして困った以前の世代と比べて、水漏れのコストが数千倍になったことを除けば、200年間ほとんど変化はありません…

オフィス、ホテル、美術館、コンピュータルーム、データセンターやその他の商用ビルでの漏れは、財産、データ、または顧客の信用を損ないます。

重要なインフラストラクチャと機器には、通常、365日24時間利用でき、まったく損傷がないことが求められます。

水漏れ検知システム

ペンテェアサーマルマネジメントは、 TraceTek 水漏れ検知システムを提供します。これは、各用途のニーズに合わせて構成できる相互交換可能な多数のコンポーネントで構築される、多目的のモジュラ式システムです。幅広いTraceTekアラームモジュールとモジュラ方式のコンポーネントにより用途に合わせてアプローチやレイアウトを調整できます。

TraceTek水漏れ検知システムには、次のような基本的部品があります。

  • 感知ケーブルおよびプローブ – これらのケーブルおよびプローブは、上げ床の下で使用されるケーブル、頭上式配管の雫受け、汚水槽や湿地帯用の平型プローブおよび狭い場所用の小型プローブなど、漏れの原因を直接検知し、正確に示します。
  • リーダーまたはジャンパケーブル – モジュールを感知ケーブル/コンポーネントに接続するケーブル
  • 終端端子 – 回路内にある感知ケーブルのすべてのレグにある終端端子
  • アクセサリ — 感知ケーブルを所定の場所に固定する、押さえクリップなどの品目
  • センサインターフェイスモジュール – これらのモジュールが、ケーブルまたはプローブの動作に必要な励起電圧を供給します。続いてSIMがアナログ電流と電圧レベルをモニタし、いつどこで漏れが発生したかを判断します。測定結果はデジタル化され、ユーザに対する表示を行う制御監視盤や上位レベルシステムとのインタフェイスに送信されます。これらのモジュールは、狭い範囲をカバーする、場所を特定しないアラームモジュール、または1つまたは複数の広い範囲をモニタできるアラーム兼位置決めモジュールのいずれかになります。

関連製品

Inspired Solutions for a Changing World