フランスの製油所での原油貯蔵タンクの燃料漏れ検知
主な課題

フランスの製油所では、4 つの原油タンクの下側に隠れている漏れを迅速に検知できる設備を探していました。原油貯蔵タンクの下側の検知されない漏れは、石油貯蔵施設の稼働上の安全性の大きな脅威となり、災害を引き起こす可能性があります。

解決策

製油所では、水の存在に反応せずに、液体炭化水素燃料の存在をケーブルのいずれの場所でも迅速に検知する専門性の高い検知ケーブルが必要でした。

製品

ペンテェアサーマルマネジメントは、その TraceTek TT5000 石油・燃料検知ケーブルを製油所に設置しました。ノートル・ダム・ド・グラヴァンション製油所にある 4 つの原油貯蔵タンクには、それぞれ、その周囲の下側に TraceTek TT5000 ケーブルが埋設されています。ケーブルは、TraceTek 検知インターフェイスモジュールに接続され、どのような石油漏れもピンポイントで継続的に検出されます。

利点

ペンテェアサーマルマネジメントの TraceTek 設備では、どのような燃料漏れでもオペレーターにアラートで知らせる準備が常に整っています。これによって、製油所では、漏れを早期に検知し、状況が重大になる前に対応チームは対処に十分な時間をとることができます。設備では、災害の可能性から石油貯蔵施設やシールドの稼働上の安全性が保たれます。