最適化された熱管理設備はエタノール生産施設でコストを削減
主な課題
BP-Ethanol.jpg

ブリッジポートエタノールは、ネブラスカ州にある、1 年で 4000 万ガロンのエタノールを生産する工場です。そのヒートトレースアプリケーションでは、シロップ、サイレージ、腐食剤のライン用の送水管、タンク加熱、プロセス温度管理のために、配管凍結防止機能を搭載する必要がありました。同工場では、2008 年 5 月にペンテェアサーマルマネジメントのトレーサー一括請負ソリューションチームを迎え入れました。

解決策

トレーサー一括請負ソリューションチームは、ブリッジポートエタノール工場において、必要な熱管理設備(HMS)を設計し、調達し、設置しました。チームは、複雑で多様な範囲の DigiTrace 制御監視ソリューションを活用し、必要な回路を 35 に減らしました。これによって、チームは、ブリッジポートエタノール工場の熱管理設備の総コストを削減することができました。

製品

使用製品には、配管凍結防止と広範囲な温度を管理するアプリケーション用の、外気温度比例制御(PASC)付き DigiTrace 200NG が含まれます。PASC では、ヒートトレースへの電力は、周囲の温度に対して比例します。

トレーサー一括請負ソリューションチームでは、DigiTrace 920 と HTPG ローカル制御設備を組み合わせて選択し、タンク加熱のリモート回路や送水管の凍結防止状況を制御し、監視しました。これらの場所は、それぞれ、一元化制御パネルから 800 フィートと 450 フィート離れており、電圧降下のために 2/0 電源線が必要でした。

さらに、チームでは、重大な温度管理アプリケーション用の回線検知制御に、DigiTrace 200NI を選択しました。RTD 配線コストを削減するため、DigiTrace 電源供給インターフェイステクノロジー(PLI)とスマートエンドシール(SES)を採用し、発熱線導体経由で熱と連続データを伝達します。

利点

プロジェクトは、2008 年 11 月、成功裏に完了しました。トレーサー一括請負ソリューションチームは、PASC アルゴリズムを使用して、ブリッジポートエタノール工場の稼働コストを、標準的な周囲温度検知コントローラーから 75 パーセント削減できました。ローカル制御システムを使用して、導管と配線コストも飛躍的に削減されました。DigiTrace 電源供給インターフェイス(PLI)テクノロジーの使用によって、合計で約 $40,000 の RTD 配線コストを削減したと見積もられています。