自己制御テクノロジー

レイケム自己制御電気ヒートトレースケーブルは、自動的に出力を調整して配管の温度変化を補償します。レイケム自己制御ヒートトレースケーブル:

Self regulating


電力制限テクノロジー

レイケム電力制限電気ヒートトレースケーブルは、高出力または高い暴露温度を要するプロセス温度保持のアプリケーションに最適です。レイケム電力制限ヒートトレースケーブル:

Power-Limiting


MI テクノロジー

MI テクノロジー

MI-Cable

  • 最大1フィートあたり61 W (1メートルあたり200 W)を出力します。
  • 出荷前に終端加工済みであり、設置が容易です。
  • ハザーダス、ノンハザーダスのエリアにかかわらず、使用が許可されています。
  • 600 Vまでの電圧で使用できます
  • 過酷な環境に特に適しています。
  • 最高550°C までのアプリケーション温度および 650°C の最高暴露温度を提供します。
  • 特別注文により、さらに高温用のスタマイズが可能です。

先端制御システム

ペンテェアサーマルマネジメントは、プロセスの温度保持に特化して設計されたDigiTrace 先端制御システムを提供します。DigiTrace コントロール、モニタリング製品:

  • HTPIパネルに取りつけられた機械式サーモスタットから、ひとつの独立した制御回路に対して最大8ヶ所のプロセス温度を感知できる最新のNGC製品を提供します。
  • 回路の動作状態やパフォーマンスと地絡電流、地絡電流保護回路をモニターする高性能な制御方法を提供します。
  • DigiTrace Supervisorソフトウェアとのインターフェースと遠隔地からモニタする機能をもっています。

プロセス温度保持アプリケーションにはつぎのようなコントロール/モニタリングソリューションがあります。

  • ローカル型 - ヒートトレース電源接続の近くに置かれ、個々の回路専用につくられたこの機器は、その回路で測定された配管温度に基づいてモニター/制御を行います。
  • 分散型 – 多数のヒートトレース回路の情報を集めるため、工場に戦略的に置かれた複数回路のパネルです。これらのパネルの位置は分岐する電源ケーブル長を減らすのでトータルの設置コストを削減します。
  • 中央集中型 – ヒートトレース制御専用のパッケージ化されたビルに置かれた複数回路パネル。この方式の特徴は、ヒートトレース回路を集中して設置し、工場の面積が小さい場合にコスト節減の成果がはっきりとあらわれることです。