自己制御

ペンテェアサーマルマネジメント は、自動的に出力を調整して温度変化を補う自己制御ヒーティングケーブルをご提供しています。

レイケムブランドの自己制御ヒーティングケーブルは、導電性ポリマーでできたヒーティングコアに組み込まれた 2 つの並列導体で構成されています。コアは、長期間の信頼性を確保するため、放射状に相互リンクされています。

導体間の導電性ポリマーコアを電流が通ることで、熱が生成されます。周囲の温度が下がると、コアを通る電気路の数が増え、より多くの熱が生成されます。逆に温度が上がると、コアの電気パスが少なくなり、生成される熱が少なくなります。

レイケムの自己制御ヒーティングシステムテクノロジーでは、一般住宅での使用、大規模ビルの建設、産業ベースの用途に適した広範囲な製品をご用意しています。

Inspired Solutions for a Changing World