保温筐体

現地取り付け計器の加熱機器筐体や動圧管加熱の要件を含めることは、すべてのヒートマネージメントシステムの不可欠な構成要素です。

ペンテェアサーマルマネジメント は、ヒーティングテクノロジー、制御・監視、 プロジェクト制御 が、ヒートトレースシステム全体と整合性があるようにするため、これらの計器筐体システムを設計し、エンジニアリングできます。

電力接続の配置、配電経路、制御・監視システム機能の効率的な活用に関する決定は、配管や機器のヒートトレース要件と組み合わせて設計すると、飛躍的な設置コストの抑制が可能になります。

現地取り付け計器筐体の加熱には、設計、適用、設置、運転基準の十分な見直しが含まれます。次の項目が含まれます。

  • 関連する配管や機器の処理条件
  • 温度管理
  • 最大暴露温度
  • 電力点の確保と配電
  • 処理から計器エンベロープへの移行
  • 動圧管の構成
  • 計器筐体の選択
  • 制御と監視

加熱計器筐体のご提供には、次の項目を含めることができます。

  • 計器設置スケジュール
  • 動圧管と筐体に適した計器設置の詳細
  • 計器筐体の詳細
  • 電力点の割り当て
Inspired Solutions for a Changing World