ブランド

レイケムブランドは、産業用、商用、住宅用の自己制御電気ヒートトレースケーブルおよびコンポーネントの代名詞です。 

1973年、レイケムは最初の自己制御電気ヒートトレースケーブルを開発してヒートトレース業界に革命を引き起こしました。自己制御ヒーティングケーブルは当時革命的でしたが、配管の温度変化を補正するために出力を自動的に調整する機能は、今日でも独自性を保っています。レイケム自己制御ヒーティングケーブルには、長さを合わせて切断されており、現場で終端処理ができる利点もあり、設計、敷設、保守が容易です。

品質と技術革新の文化から生まれたレイケムヒーティングケーブルは、電気ヒートトレースで業界標準となり、現在もその位置にあります。幅広い用途と環境に合わせて設計されたヒーティングケーブルとコンポーネントにより、レイケム製品は引き続き世界最高と認識されています。2008年にペンテェアサーマルマネジメントによるレイケム自己制御ケーブルの製造が10億フィートに達したという事実が、市場が認めるレイケムの品質と利点を最も雄弁に物語っているでしょう。

1983年に設立されたTracer Industriesは、北米で高品質の電気ヒートトレースシステムを設計し、供給し、組み立て、保守するという目的のためのみに存在していました。今日、Tracerは世界中でエンジニアリング設計サービス、調達および製作、サイトサービス、設置後サービスを提供する能力を備えた、電気およびスチームヒートトレースにおけるグローバルソリューションエキスパートとなっています。

ペンテェアサーマルマネジメントに2001年に買収されたTracerブランドは独自の最適化されたヒートトレースシステムとソリューションを提供しています。この分野のエキスパートであるということは、Tracerがお客様のプロジェクトやビジネスに固有のニーズを理解し、最高品質のヒートトレース製品メーカーの付加価値のある能力を活かして最適化したヒートマネージメントシステムを設計し、また安全で、信頼性があり、費用効率が高いヒートトレースの設置を提供する、今日存在する中で卓越したサービス組織であることを意味しています。 

最も重要なことは、ペンテェアサーマルマネジメントのTracerサービスグループは、非の打ちどころのない安全の実績が示しているように、安全を最も重要な価値とみなしていることです。すべてのシステムは安全に稼働するように設計され、すべての設置は実績ある安全な方法、機器、手順により施工されます。

1949年に設立されたPyrotenaxは、産業用および商用ヒートトレース、耐火および特殊配線、温度測定の幅広い用途に対応する無機絶縁(MI)ケーブルとアクセサリの製造でほどなく世界をリードする企業になりました。

今日、Pyrotenaxは、ペンテェアサーマルマネジメントの一連のブランドに不可欠です。Pyrotenax製品は、多数の困難かつ厳しい設置に対応する最適のソリューションを提供します。有害な火災・放射性または高温環境での使用に適し、電気ヒーティングケーブルと配線システムは、プロセス温度保持、配管凍結防止、融雪と除氷、重要な人命保護に関わる回路、温度検出など、産業用、商用、住宅用の幅広い用途でご利用いただけます。

25年以上にわたり、TraceTek液体漏れ検知システムは、上げ床の下に隠された配管やバルブをモニタリングすることにより、コンピュータ施設での水漏れを検知するために使用されています。非常に画期的なシステムであるTraceTekセンサーケーブルは、流出場所をすばやく特定し、適切な関係者に警報を出して、漏れが報告されなければ引き起こされる損害を防止または緩和します。

TraceTek液体漏れ検知システムの開発の歴史は、1980年代半ばのカリフォルニアにさかのぼります。Raychem Corporationの中央R&D施設で、パイプラインの陰極防食に対して分散されたアノードシステムに関連した作業の副産物として生み出されました。

最近では、グローバルビジネスコミュニティが環境問題をさらに重視するようになり、ペンテェアサーマルマネジメントのTraceTek漏れ検知システムのその他の市場が出現し、着実なペースで成長しています。TraceTek液体漏れ検知システムは、石油貯蔵施設、パイプライン、消火設備でのハイドロカーボン燃料油の漏れのモニター、半導体製造工場や製薬工場での水性化学薬品流出検知、肥料製造、鉱物処理、石油精製の各用途での強酸漏れ検知に採用できます。TraceTekシステムは、早期検知が可能なだけでなく、精度+/- 1メートルでパイプラインをモニターすることも可能です。

Inspired Solutions for a Changing World